通信・管制・無線

17件の商品がございます。

エアラインパイロットのためのATC(CD-ROM付き)

販売価格(税込): 5,400
本書は、長年に渡る氏のパイロットとしての視点から、
管制方式基準などの書物では得られない"飛ぶ側"のためのATCについて要点が書かれています(音声CD付き)。
数量:

1・2総通、航空無線通信士用英会話CD

販売価格(税込): 3,888
商品コメントは準備中です。しばらくお待ちください。
数量:

無線電話練習用CD(欧文)

販売価格(税込): 1,944
商品コメントは準備中です。しばらくお待ちください。
数量:

ATC入門 リスニング編

販売価格(税込): 5,400
本書は、「ATC入門」シリーズの3冊目として、ヒアリング能力の向上を目的にしています。添付されているCDを聴き、各設問に答える形式を採用しています。航空英語能力証明試験の合格を目指しておられる方にも適したテキストになっています。
筆者の縄田氏は宮崎の航空大学校で教授として航空英語の教鞭をとられています。
数量:

ATC入門 VFR編

販売価格(税込): 3,024
本書は航空管制においてパイロットと管制官が行う通信に関して、基礎的な発話法から、実際に交信する場合の用例を中心に解説しています。筆者の縄田氏は宮崎の航空大学校で教授として航空英語の教鞭をとられています。<
数量:

ATC入門 IFR編

販売価格(税込): 3,564
「ATC入門 -VFR編-」の続編として、同じ縄田先生により執筆されました。VFRに比べ、IFRではATCの重要性が高くなります。本書により、ATC用語のみならず、離陸から着陸まで、IFRの全体の流れも把握することができます。
数量:

管制方式基準(原本)

販売価格(税込): 5,940
「航空保安業務処理規程」からの抜粋である本書は、管制業務、飛行情報業務、緊急業務を適切かつ確実に実施するための方式、基準を定めたものです。
数量:

航空管制のはなし

販売価格(税込): 1,620
本書は、「空の交通整理」とも呼ばれる航空管制を、その歴史から現状や問題点、業務内容まで幅広くとりあげました。巻末に用語解説、パイロットと管制官の交信の実例を収録。
数量:

航空管制入門

販売価格(税込): 2,160
航空交通管制システムにより、航空機がどのように飛行するかを具体的に解説しています。
数量:

航空無線通信士国家試験問題解答集

販売価格(税込): 2,160
※平成19年2月期〜平成23年8月期までの既出問題全問編集
数量:

航空無線通信士用 無線工学

販売価格(税込): 2,160
目次
第1章  電気と磁気
第2章  電気回路
第3章  半導体及び電子管
第4章  電子回路
第5章  無線通信の基礎
第6章  DSB方式無線電話装置
第7章  SSB無線電話装置
第8章  FM無線電話装置
第9章  レーダー
第10章 無線航法装置
第11章 その他の装置
第12章 電源
第13章 アンテナ及び給電線
第14章 電波伝搬と混信
第1・・・
数量:

航空無線通信士 法規

販売価格(税込): 2,268
目次
第1章  総則
第2章  無線局の免許
第3章  無線設備
第4章  無線従事者
第5章  無線局の運用
第6章  業務書類
第7章  監督
第8章  手数力・電波利用料・罰則
第9章  関係法令
第10章 国際法規
資料編
数量:

航空無線通信士用 英語

販売価格(税込): 1,512
目次
第1章  導入
第2章  航空無線通信の基準
第3章  航空無線通信の手順
第4章  航空交通管制
第5章  航空無線通信の実務
第6章  通信・航法装置
数量:

特殊無線技士(1陸特除く全資格用) 問題解答集

販売価格(税込): 2,592
※平成23年2月期までの既出問題10年分編集
・第一級海上特殊無線技士
・第二級海上特殊無線技士
・第三級海上特殊無線技士
・レーダー級海上特殊無線技士
・航空特殊無線技士
・第二級陸上特殊無線技士
・第三級陸上特殊無線技士
・国内電信級陸上特殊無線技士
数量:

航空特殊無線技士 無線工学

販売価格(税込): 1,620
目次
第1章  無線工学の基礎
第2章  無線通信の基礎
第3章  無線電話装置
第4章  FM無線電話装置
第5章  レーダー
第6章  電源
第7章  アンテナ及び給電線
第8章  電波伝搬と混信
第9章  測定器
第10章 点検及び保守
数量:

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力